げに、おぞましくも、情けなし~【漏糞の記】~

一、
 とある土曜日の朝、カミさんと子供たちは、何やら急ぎの買い物に行くらしく、慌ただしく出かけていった。
 年寄りたちは、庭の手入れに忙しそうである。

 カミさんや子供たちがいる時に、PCを触っていると、不興を買うことがしばしばである。
 こんな時は、何とかのいぬ間に、である。帰ってくるまでの僅かな時間であるが、我がPCをちょこちょこと弄ろうかと、PCルームへ。

 しばらくすると、左脇腹がしくしく。それとともに僅かな便意を感じた。
 そういえば、今日は朝の通じがなかった。「行っておかなければ」と、思ったが、それほど強い便意ではなかったので、まだ一波や二波は我慢できるはず。

 数分後、第二波がやってきた。かなりの痛みが差し込んできた。が、我慢できないほどではない。便意もまだまだである。昼前には、カミさんらが帰ってくる。それまでの間だけである。ぎりぎりまで我慢するか。

 ほどなく第三波が襲ってきた。痛みはさらに増し、蠕動運動が思った以上に力強く直腸へと内容物を押しやってきた。
 「これは、いかん」。
 これ以上堪えるのは危険かもしれない。この部屋は一階にある厠から最も遠い二階の端にある。この波が治まったら、トイレに行った方が、と思い、立ち上がった。
 「あ~ッ」。
 この動きがよくなかった。内容物が菊門を僅かながら通過したような感覚。全神経を菊門周辺に集中し、括約筋を有りっ丈の力を込めて収縮させ、万が一に備えて臀部の下辺りを左手で押さえ、全速力の摺り足で厠へと向かう。廊下を通り、階段を下り、部屋を横切り、厠への最短路をたどる。これほど厠への道のりを長いと感じたことはなかった。

 ズボンを下ろし、腰を下ろすと殆ど同時に瀉出。間一髪であった。

 人心地ついたところで、膝にかかっているパンツの底を恐る恐る覗いてみた。
 あらまほしからざるゲル状に近い内容物が、そこにはあった。ズボンにまで染み出していた。

 トイレットペーパーで丁寧に拭き取り、パンツとズボンを脱ぎ、それらを手に、素早く着替えのある部屋へ。
 新しいパンツとズボンをはき、風呂場へ向かった。急がなければならない。汚れたパンツとズボンにボディーソープを振りかけ、必死で洗った。念のためローズの香りのシャンプーも振りかけた。シャワーで丹念に洗い流し、絞って、洗濯槽の中にあったまだ洗濯されていない汚れ物の下にこれらを潜り込ませた。

 ほどなくして、カミさんらが帰ってきた。
 「あれ、ズボン、はき替えた?」
 「ああ。もう何日もはいとったから」

 洗濯したパンツが一着増えていることも怪しまれなかったようである。

二、
 翌日の日曜、午前中は、カミさんは持って帰った仕事をしなければ、と言い、子供らも宿題をしたりなど。年寄りらは茶の間でTVを見ている。少しの間なら、PCを弄れる。気配を押し殺して自室へ潜り込んだ。

 その時、既に左下腹部に若干の刺激を感じていた。しかし、あれからお腹の具合はよかったので、気にも留めなかった。

 30分もしない内に、腹部に痛みを感じたが、昨日ほどではない。続いて、かすかな便意も催した。
 数分後、次の波が押し寄せるが、直ぐに治まる。まだ、大丈夫である。
 また、再び波が。徐々に便意が高まっていく。

 いつもならば、我慢できそうにないと感じた時点で、厠に行けば十分に間に合う。昨日のようなことは、滅多にあることではない。 かつて小学生だった頃に、学校で大きな方をすることがなかなかできず、下校途中で何度か臨界点を越えたことがあった。それ以来の出来事であった。

 ところが、何度目かの波が、不意に激しい痛みとともに、予想を超えた強い便意となって直腸を襲った。
 「まずい」と、やにわに立ち上がった。
 と同時に、一瞬菊門から内容物が押し出されたように感じた。
 「そんなアホな」。昨日と同じ恰好で、厠に疾行。幸い、誰にも見られなかった。

 今度は、間一髪、大事は免れた。安堵感を味わいつつ、ふとパンツの中に目を落とした。そこには、直径3㎝大のこし餡が厳然と実在していた。

 こんなことが、一度なら未だしも、二日続けて我が身に起こってよいものか。おぞましくも情けない。

 慌てて、トイレットペーパーでつまんで便器へ。昨日のに比べると、水分量が少なく、ズボンへの染み出しはなかった。

 綺麗に拭って、パンツを脱ぎ、ズボンだけをはき直した。そして、そっと扉の隙間から外を窺った。誰もいないことを確認して、急いでトイレ横の洗面所でそれを洗った。偶然、洗濯機が稼働していたので、素早くその中に放り込んだ。

 それから、カミさんや子供たちに悟られぬように、新しいパンツをポケットにねじ込み、二階の自室へ戻ってはいた。

三、
 その後、何食わぬ顔で、階下へ降りていった。

 何やら、風呂場辺りが騒々しい。
 「いやー、何これ。ナンなのー!」。
 浴室の扉を開けたまま、カミさんが足を洗い、トイレマットを洗いながら、叫んでいる。
 その前に、子供らが招集されている。
 「誰なの、ウンチをこぼしたのは?」
 「わたしじゃないよ」。「ぼくじゃない」。
 
 カミさんが、トイレに入って、しゃがもうとしたところ、ウンチを踏んだというのである。

 「気付かなかっただけじゃないの?」。
 ウンチを踏んだ我が身の滑稽さに吹き出しそうになるのをこらえながら、子供たちを問い詰めている。
 「じゃー、誰なの、いったい?」


 「え~と。ひょっとして、俺かも…。たぶん」
 「エーー!!!」

【ウンコたれ顛末記 2011年11月5日】
プロフィール

そんぷうし ふうえん

Author:そんぷうし ふうえん

忙中閑は、こっそりと見出す。
カミさんと子どもたちが寝静まるのを待って、夜な夜なPCの前に端座し、その不可思議なる箱の内奥にそっと手を入れては、悦に入る日々なのであります。
時としてその手はPC以外の内奥にも。


※ リンク貼付及び引用は自由ですが、引用する場合は該当ページのURL及びタイトルを明記して下さい。

Automatic Translation
If you click a language below on any page, the translator is supposed to display the latest page at first. So you need to jump back to the previous page you were about to read.
Please note that there are some translations that are non-grammatical and do not accurately reflect the meaning of the originals because of machine translation.
 【Translated by Google Translate】
全記事一覧表示

   全ての記事のタイトルを表示する

最新記事
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
累計閲覧回数
  
QRコード
QR