立川談志、逝く

 私は、ずっと立川談志が好きではなかった。選挙に出た頃は、寧ろ嫌いであった。
 子どもながらに、政務次官があんな風でいいはずがない、と義憤すら覚えていた。
 しかし、よくよく思い返してみると、一度も彼の落語を観たことも聴いたこともなかった。

 二十数年前の或る日、たまたまラジオから彼の落語が流れてきた。「二階ぞめき」であった。気が付くと、ラジオの前に座り、身じろぎもせずに聴き入っていた。
 
 その後は、氏の落語は機会があれば観た。印象深いのは「黄金餅」である。これは二度、TVで観たことがある。まさに奇才と呼ばれる所以を知りうる演目である。

 十数年前、深夜TVで立川流一門の落語中継が毎週あった。番組の最後に氏が高座に上がるのだが、時折、立川志らくらが再び現れ、「師匠は、今日も来ておりません。師匠! これを見たら直ちに来るように」なあんて呼び掛ける回も。

 惜しむらくは、氏の高座を生で観たことがなかった。


 「だんしがしんだ」………立川談志師匠のご冥福をお祈り致します。

tag : 立川談志 二階ぞめき 黄金餅

プロフィール

そんぷうし ふうえん

Author:そんぷうし ふうえん

忙中閑は、こっそりと見出す。
カミさんと子どもたちが寝静まるのを待って、夜な夜なPCの前に端座し、その不可思議なる箱の内奥にそっと手を入れては、悦に入る日々なのであります。
或るときは、ふらふらと知恵袋の回答者となって徘徊。
時としてその手はPC以外の内奥にも。


※ リンク貼付及び引用は自由ですが、引用する場合は該当ページのURL及びタイトルを明記して下さい。

Automatic Translation
If you click a language below on any page, the translator is supposed to display the latest page at first. So you need to jump back to the previous page you were about to read.
Please note that there are some translations that are non-grammatical and do not accurately reflect the meaning of the originals because of machine translation.
 【Translated by Google Translate】
全記事一覧表示

   全ての記事のタイトルを表示する

最新記事
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
累計閲覧回数
  
QRコード
QR