娘の中学合格を寿ぐ

娘に特に勧めたわけではない。
小学校卒業後は、そのまま公立の中学に進めばよいと思っていた。
娘が自ら、或る中学の受験を望んだのである。

とはいうものの、受験するからには、合格して欲しいと願うのは、人情。

理科でうまく答えられなかった問題があったと悔んでいたのだが、存外、合格した。

娘の小学校からは、昨年は、1名しか合格者は出ていなかったが、今年は、4名の合格となり、先生の誇りの一人となることができた。

不合格となったときに、何と慰めようか、考えあぐねていた。
半年ほど前、塾の最初の模試で、志望者385人中383番という絶望的な成績であったのだから。

私に似たのか、カミさんに似たのか、二人ともトンビなのか。

とまれ、僥倖を掴み取った娘の不屈の努力を心から誉めたい。

Win7をRAID0にインストール~XPからようやくWindows 7 x64へ(2)

一、
 近々SP1が公開されるWindows7は、発売されて1年4か月ほどが経つ。
 その普及率は、種々のサイトがアクセス解析を基にして割り出しているが、概ね20%を超えており、XPは既に60%を割っていると言う。企業では、依然、XPから新OSへの切り替えは、はかばかしくないようだが、一般ユーザにおいては、Win7への乗り替えがかなり進んでいるらしい。
 その流れに棹さして、遅蒔きながらWin7ユーザの仲間入りである。

【追記】:あれから1年8か月が過ぎた。Windows 7対XPの比率は、2012年10月時点で、私のブログのアクセス解析
     を見る限りは、およそ2:1と完全に逆転している。ウェブサイトのユニーク・ビジターのデータを広範
     囲にわたって集約して統計を公表しているNETMARKETSHAREというサイトによると、2012年8月にOSの
     シェアでWindows 7がXPを抜いたと言う。
      Windows 8が発売されたとはいえ、タッチパネルのシングルウィンドウを基本とするその新しい
     ユーザインターフェイスが一般の企業に受け入れられるとは考えにくいので、企業においては今後も入
     れ替えOSの主流はおそらくWin7ということになろうか。いずれにしろ、それは2014年4月8日のサポート
     終了日に向かってXPの活躍の場が徐々に失われていくことを意味する。永きにわたってOS界に君臨して
     きたXPの華々しい活躍の日々を思うと、一抹の寂しさを感じざるを得ない。

二、
PCの構成は、
 CPU : Intel Core i7 950
 Motherboard : GIGABYTE GA-X58A-UD3R
 Memory : CFD T3UI1333Q-2G (PC3-10600 2GB X 3)
 SSD : Crucial RealSSD C300 (64GB X 2)
 HDD : WesternDigital WD10EALS (1TB)
 GPU : GeForce GT 430
 DVD Drive : Pioneer DVR-S17J
 FDD+Card Reader : MITSUMI FA404MX
 PSU : ENERMAX PRO87+ EPG600AWT
 Chassis : CoolerMaster Centurion 5 Ⅱ
 である。

 とりあえずのサブPCとしての構成である。
 やがて、メインPCの座に就く折には、SSDやHDDを追加し、ブルーレイ・ドライブやCPUクーラーなども装備させて頂きましょうか。そのときは、新たなCPUとマザーに交換、ということになるかもしれないが。

 【追記】:現在(2012年7月10日)は、メインPCに昇格し、構成も「Windows 8発売を間近にひかえて~XPから
     ようやくWindows 7 x64へ」
に記したようにいくらかの変更が加えられている。

三、
 まずは、Memtest 86+のFDでメモリのテストを、と思ったが、FDが認識されない。
 このマザーのようにFDDのコネクタを備えるものであっても、BIOSでは、「Drive A」はデフォルトが「None」となっている。主要メーカーがFDDの製造を中止するご時世、致し方ないのか。

 今更ながらのFDであるが、まだFDDは細々と販売されているようである。早晩、市場から姿を消すでしょうから、今回が最後かなと思いつつ、FDDを付けてみた。最後のご奉公と思い、できうる限り利用することにする。

 さて、必要なBIOSの設定変更を行った後、ICH10RとRapid Storage Technologyを使って、SSD、2個でRAID (Stripe)を組み、Windows 7 Professional x64をインストールした。
 64bit用のRapid Storage Technology Driverを読み込むには、XPの場合と異なり、F6を使うことはなく、Win7のインストールの際に、下図のような画面から「ドライバーの読み込み」が行えることになっている。ただし、Intelのダウンロード・ページでは、このドライバも「F6インストール用」と冠されているので、ちょっと戸惑う。CDやUSBから読み込むことが可能であるが、もちろん、FDから読み込んだのは言うまでもない。

Windows 7 インストール画面

 続いて、各種ドライバ等をインストールし、認証を済ませる。

 周辺機器の64bitの対応については、例えばスキャナは、EPSONのGT-9300UFと古いものであるが、ちゃんと64bit用のドライバは用意されており、一般的な機器であれば、巷間言われているほど心配しなくてもよいようです。ただ、そうは言っても一部の古い機器については64bit対応の予定なしとされている機種もあり、機器を買い替えるか、64bitを諦めるかの選択を迫られる方もおられるでしょう。

 問題は、やはりソフトである。
 64bit版には、「Windows-On-Windows 64(WOW64)」という機能が組み込まれており、VISTAの32bitで動くソフトであれば、大丈夫だと言われているが…。

 とりあえず、Firefoxや一太郎2010など、64bit対応を謳っている基本的なソフトを入れることにする。
 現在XPで使っているその他のソフトについては、Win7の64bitで使えるかどうか、一つ一つ確認していかなければならず、いささか面倒である。ことに、有償のソフトは、Win7 x64に対応した新版を購入し直す必要があるものも少なくなく、財布にも厳しい。

 WEBで先人達のWin7 x64上での動作確認の情報を調べてみると、8割程度は、これまでXPで愛用してきたソフトが、そのまま、あるいは、新版であれば、使えそうである。もちろん、私の環境で正常に動作するかは、これから実際にインストールしてみて、確かめていくことになる。使えそうにないソフトについては、残念だが、替わりとなりうるものを探すほかない。

 もっとも、XPモードという手もあるが、なにせ「Windows Virtual PC」という仮想環境でXPを起動させて、その上でソフトを動かすものであるらしく、とても快適な使い心地とは行かないというのが大方の意見である。非常手段と考えた方がよいのかもしれない。

四、
 とはいえ、現時点でのWin7 x64の印象は、なかなかの快速、ということになる。

 これは、確かにOSの違いによるというよりも、Core 2 Duo E8600及びP45とi7 950及びX58との差によるのかもしれない。しかし、32bitに限っても、XPとWin7とのベンチマークの比較が、方々でなされてきたが、総じてWin7が上回っている。さらに、同一環境で32bitと64bitのWin7の性能を比較した記事(http://ascii.jp/elem/000/000/457/457279/)などによると、64bitは32bitより殆どの面で処理速度が10%~15%ほど高いようである。

 そう言われてみると、このWin7機では、ダウンロードさえ高速になったような気がする。文字通り、気がするだけであろうが。

 参考までに、両OSにおけるRealSSD C300 64GB X2(RAID 0)のCDMの値を挙げておきます。

CDM-SSD-XP CDM-SSD-Win7
ともに、ストライプ・サイズは128KBであり、ライトバック・キャッシュは有効にしてある。

 Write側は、全ての項目でWin7が優っており、見事である。
 が、一方、Read側は、512KBのランダムを除いてWin7はふるわず、QD32ではXPにかなりの差を開けられている。
それにしても、512KBランダムのWin7の数値が、Write、Readともにシーケンシャルよりも高いというのは、少しばかり不思議である。

tag : 64bit ICH10R RAID RealSSD 950 GA-X58A-UD3R

プロフィール

そんぷうし ふうえん

Author:そんぷうし ふうえん

忙中閑は、こっそりと見出す。
カミさんと子どもたちが寝静まるのを待って、夜な夜なPCの前に端座し、その不可思議なる箱の内奥にそっと手を入れては、悦に入る日々なのであります。
時としてその手はPC以外の内奥にも。


※ リンク貼付及び引用は自由ですが、引用する場合は該当ページのURL及びタイトルを明記して下さい。

Automatic Translation
If you click a language below on any page, the translator is supposed to display the latest page at first. So you need to jump back to the previous page you were about to read.
Please note that there are some translations that are non-grammatical and do not accurately reflect the meaning of the originals because of machine translation.
 【Translated by Google Translate】
全記事一覧表示

   全ての記事のタイトルを表示する

最新記事
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
累計閲覧回数
  
QRコード
QR