Windows 7のDiskPart

一、
 Windows XPに組み入れられているDiskpartはバージョンが5.Xであり(私のXPでは、5.1.3565となっている)、これでHDDやSSDにパーティションを作成する場合(もちろん、プライマリパーティションの話である)、オフセットを設定しようとすると(アラインメントを施そうとすると)不都合があった。
 即ち、パラメータのオフセット値の設定単位がMBであり、数値は丸め処理(端数処理)がなされるため、正確に任意のセクタ数を設定することができなかった。1MBのオフセット値でパーティションを作成してみたが、オフセットは2048セクタ(1048576バイト)にならなかった。

 Microsoftサポートのウェブページにも「マスタ ブート レコード (MBR) ディスクでは、パーティションのオフセットとサイズは丸められて、必要なシリンダ配置がそのまま維持されます。オフセットは最も近い有効値に、サイズは常に次の有効値に丸められます。」(「Diskpart コマンドライン ユーティリティについて」、文書番号 : 300415)と記されている。
 そのため、SSDに正確なオフセット値でパーティションを作成する必要があるWin XPでは、diskpar.exeを使わざるを得なかった(diskparはセクタ単位でオフセットを設定する。この点については、「RAIDのHDD上のXPをSSDに移植する」を御覧下さい)。

 しかし、Windows 7では(VISTAにおいても)、そこに収められたDiskPartはバージョンが6.Xとなり(私のWin 7では、6.1.7601となっている)、オフセット値はKB単位に変更され、SSDに最適とされる64KBの倍数に正確にオフセットを設定することができるようになった。

二、
 参考までに、HDDやSSDにパーティションをオフセット1024KBで作成するコマンドラインを例示しておく。

 1. コマンドプロンプトを起動する。

 2. [diskpart]と入力して、Enterを押下する。
   ユーザアカウント制御(UAC)のウィンドウが現れるので、「はい」をクリックすると、新たなDiskPartのプロンプト枠
  が表示される。

 3. PC内のディスクの一覧を表示させるには、[list disk]と入力し、Enterを押下。
   それぞれディスク番号やサイズ等が表示される。どのディスクに対してパーティション操作を行なうのか確認し、
  ディスク番号を間違えないように注意しなければならない。DiskPartでは、通常のスナップインの「ディスク管理」
  では操作できないことが、再確認の求めもなく、行えてしまうのである。

 4. [select disk n](n はディスク番号)で、操作の対象となるディスクを選択する。
   「ディスク n が選択されました。」と表示される。

 5. [detail disk]でディスクの詳細な情報を確認できる。
   ディスクが未割当て領域の状態である場合、「ボリュームがありません。」と表示される。

 6. [create partition primary offset=1024]と入力して、Enter。
   パーティションの作成が完了すると、下図のように表示される。

  DiskPart-Commad-line1

   サイズを指定する必要があるときは、例えばサイズを50GBにする場合、単位がMBなので、
  [create partition primary size=51200 offset=1024]とする。

 7. この後、フォーマットをしてドライブレターを付す必要があるが、これらの操作は「ディスク管理」で行なう方が
  簡便なので、[exit]で、DiskPartを終了する。

 8. 「コントロールパネル」から「ディスク管理」に至り、対象ディスクのフォーマットを行ない、ドライブ文字を「追加」
  する。

 9. 最後に、オフセットが正確に1024KB(1048576bytes)になっているか、確かめてみる。
   改めて、DiskPartを起動させる。
   [select disk n ]として、[list partition]と入力。
   もっと詳しい情報を表示させるには、[select partition n](n はlistで確認したパーティション番号)とした後、
   [detail partition]と入力する。

  DiskPart-Commad-line2
   
   私の場合、他で使っていたSSDのオフセットが1024KBではなかったため、上記の通りDiskPartによって
  パーティションを作成し直してみた。御覧のようにオフセットは正確に設定された。

※ なお、DiskPartでは、[help]で基本的なコマンドの説明を見ることができます。さらに、詳細なコマンドや
 パラメータについては、TechNet内のCommand-line ReferenceのDiskPartを御覧下さい。

tag : Windows 7 DiskPart コマンド ライン オフセット アラインメント

ナナオのSX2262WとSX2462W

 ナナオのFlexScan SX2262Wを使い始めて、はや1年以上になる。なかなかよいモニターだと思う。購入当初、心配していた画素ピッチの小ささについても、不満はないというようなことを以前「DisplayPortの不具合(含む追記)」に書いた。

 しかし、目のあまりよくない私には、やはり0.247mの画素ピッチは辛かった。文字や線が小さく細いため、目が疲れやすく、長時間PCに向かっていると小さな文字が見難くなってしまう。

 そこで、同じナナオの24.1インチのSX2462Wが格安で手に入る機会があったので、購入することにした。

 同じ画素数、1920×1200であるから、SX2462Wの画素ピッチは、0.270mとなる。文字や線は一回り大きく太くなって見やすくなり、目への負担は軽くなった。

 そのほかに、表示色域のAdobe RGBカバー率は、SX2462Wが98%と、SX2262Wより3%ほど高い。また、両者の大きな違いであるパネルの種類は、SX2462WがIPSで、SX2262WがVAであるから、視野角による輝度変化や色変化はSX2462Wの方が少ない。特に上下の色変化は明らかに少ない。

 SX2462WはSX2262Wの上位機種なのであるから、当たり前のことだが、概ねよき買い替えであったということになる。

 しかしながら、SX2462Wについて指摘されることの多い「ギラギラ」感、あるいは「キラキラ」感というものが気になった。それは、LG製のIPSパネルの特徴といわれているようだが、白が表示されている際に殊に顕著に感ずる。その程度はSX2262Wより強いといわざるをえない。

 ともかく、輝度(ブライトネス)を0%にし、Auto EcoView、コントラスト拡張及びオートシャープネスをオフにしてみた。何とか気にならない程度にはなった。

 日立製のIPSパネルは、そのようなことはないらしいが、残念ながら一般用モニターにはほとんど使われていないという。
 ナナオには、日立製のIPSパネルを採用した10万円以下の24インチのモニターを期待したいのだが…。

【追記】:あれから2年ほどが経ち、その間に株式会社ナナオはEIZO株式会社と商号を改め、製品のラインナップも
大幅に変更された。上の2機は生産終了となり、FlexScan SX2462Wの買い替えの対象となる機種は、同画面サイズ・同価格帯のColorEdgeのCX240か、画面サイズを上げて27インチのCX270といった辺りになろうか。先頃(2013年11月)、新たな液晶を搭載したCX271(27インチ)も出来となった。

 これらはなかなか魅力的なモニターのようであるが、いずれもその液晶パネルはLG製ないしSAMSUNG製が使われているとのことである。

 闇雲な国産至上主義者ではない。台湾・米国・韓国その他の海外ベンダーの部品を使わずにPCを自作することなど不可能なのだから。しかしながら、国産の液晶パネルの質の高さは今もなお世界最高水準といわれており、このままコスト面という理由のみにより引き合いが復活しなければ、そのノウハウは全く失われてしまうのではないかという危惧を抱かざるをえない。それは、消費者にとって良質さを享受しえなくなるという不利益となるが、一部の専門家や愛好家が被るに過ぎない不幸であるとして無視してよいものかどうか。とはいえ、だからといって、一消費者が採りうる秘策などある訳もない。

 取り敢えず、上記のナナオへの期待をこう言い直すことにする。

 「EIZOには国産の高品位パネルを採用したモニターを高額機としてでも生産して頂きたい」と。(2014.1.23)

tag : SX2462W SX2262W IPS VA LG 日立 画素ピッチ

プロフィール

そんぷうし ふうえん

Author:そんぷうし ふうえん

忙中閑は、こっそりと見出す。
カミさんと子どもたちが寝静まるのを待って、夜な夜なPCの前に端座し、その不可思議なる箱の内奥にそっと手を入れては、悦に入る日々なのであります。
或るときは、ふらふらと知恵袋の回答者となって徘徊。
時としてその手はPC以外の内奥にも。


※ リンク貼付及び引用は自由ですが、引用する場合は該当ページのURL及びタイトルを明記して下さい。

Automatic Translation
If you click a language below on any page, the translator is supposed to display the latest page at first. So you need to jump back to the previous page you were about to read.
Please note that there are some translations that are non-grammatical and do not accurately reflect the meaning of the originals because of machine translation.
 【Translated by Google Translate】
全記事一覧表示

   全ての記事のタイトルを表示する

最新記事
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
累計閲覧回数
  
QRコード
QR