dynabookのCPU交換

一、Celeron 900をT8300に
 dynabook EX/33Jの液晶パネルを交換した後(これについては「dynabookの液晶パネル交換と磁気センサの誤作動」を御覧下さい)、未使用のIntel Core 2 Duo T8300 2.4GHzが格安で手に入ったので、EX/33JのCeleron Processor 900 2.2GHzと交換してみた。

 TOSHIBAのdynabook.comでこのEX/33Jの仕様を確認すると(http://dynabook.com/pc/catalog/dynabook/090420ex/spec.htm)、チップセットはMobile Intel GL40 Express Chipsetとなっている。Intelのサイトで調べると、T8300の対応するチップセットとしてそのGL40が挙がっておらず、GL40の対応するCPUにもT8300が挙がっていない。しかし、Celeron 900とT8300の仕様を比べると、

Celeron 900T8300
コードネームPenrynPenryn
発売日2009年第1四半期2008年第1四半期
コア数12
周波数2.20GHz2.40GHz
FSB800MHz800MHz
TDP35W35W
対応ソケットPGA478PGA478

 双方ともに、コードネームはPenryn、FSBは800MHz、TDPは35W、対応ソケットはPGA478であることから、交換可能ではないかと踏んだのである。

 ノートPCにおけるCPU交換一般について留意すべきことを「ノートPCのCPU交換」にまとめたので、ご一読下さい。

 【追記】: Intel Mobile CPUについて
 ところで、CPUのパッケージには、主にBGA (Ball Grid Array)PGA (Pin Grid Array)LGA (Land Grid Array)の3種の規格が用いられている。ノートPCのCPUには、BGAとPGAが使用される。BGAは、底面に球状のハンダボールが配置されており、基板に直接ハンダ付けされる。PGAは、底面にピンが配置され、実装にはソケットが用いられる。

 IntelのMobile CPUのパッケージないし対応ソケットは多くの場合、BGAとPGAの2種が用意されているということに注意する必要がある。例えば、T8300の対応ソケットについても、Intelのサイトを見ると、「BGA479, PGA478」と表示されている(http://ark.intel.com/ja/products/33099/Intel-Core2-Duo-Processor-T8300-3M-Cache-2_40-GHz-800-MHz-FSB)。とすれば、既製のノートPCに搭載されているCPUにどちらのパッケージが使われているか、通常、PCの仕様書には記載されていない以上、手元にあるPCであれば、CPU-Zでパッケージを確認できるが、そうでないPCについては、Webで調べるしかないのである。

 にもかかわらず、ノートPCのCPUの換装に関する質問に対して、確認ないし調査をすることもなく「ノートPCはCPUが直付けだから換装できません」といった類いの回答が質問掲示板において少なからず為されており、中には、「直付け」は当然だと言わんばかりに質問者の無知をそしる回答すらある。等閑視するには、目に余るほどである。また、PGAのCPUを購入すべきところ、誤ってBGAのCPUを購入した人もいたので、改めて注意を促しておきたい。

 もっとも、Intelは、2013年頃からパッケージをBGAだけとするモバイル向けCPUを多く出している。特に、BroadwellやSkylakeのモバイル向けCPUは、ほとんどがFCBGAのみとなっている。これらを搭載したノートPCのCPUは、事実上換装不可能となる。

 また、盛んに問題となるPGA988とPPGA988とFCPGA988との互換性については、同一世代である限り、「これらソケットの互換性はある。しかし、プロセッサーが機能するかどうかは最終的にBIOS次第である」とIntelは繰り返し発表している("Differance between PGA988 and PPGA988 CPU socket?"、"PGA988, PPGA988 and FCPGA988"等々)。要するに、ソケットに装着できても、交換したCPUのマイクロコードがBIOS等によって提供されていなければ、そのCPUは使えないということになる。(2016.6.26)(改めて「ノートPCのCPU交換」に上記の内容をまとめたので、この項を書き改めた。2016.10.10)

二、換装手順
1.まず、本体裏側のバッテリを外し、図-1に示したネジを取り外す。図-2のようにHDDのカバーを取り外してHDDを
取り出し、メモリのカバーを取り外してカバーに隠されているネジ(DVDドライブを固定している)も外し、安全のためメモリも外しておく。

  図-1
  CPUExchanged-1-1

  図-2  
  CPUExchanged-2-2

2.図-3に示したキーボード上部の細長いカバーを外す。F1キーを押し下げて、その位置のカバーの溝にマイナスの
精密ドライバーなどを差し込んで、じわりと上へ持ち上げると簡単にカバーを外すことができる(図-4)。

  図-3
  CPUExchanged-3-3

  図-4
  CPUExchanged-4-4

3.キーボードを固定しているネジが2本見えるので(図-5)、それらを外し、図-6のようにキーボードを斜めにすると
引き抜くことができる。

  図-5
  CPUExchanged-5-5

  図-6
  CPUExchanged-6-6

4.キーボードのケーブル(正式名称、フレキシブル・フラット・ケーブル:FFC)をコネクタ端子から抜いて、キーボードを
取り外す(図-7)。ケーブルはストッパーで挟み込むように固定されているので、それを矢印の方向にずらすとコネクタからケーブルを抜くことができる。

  図-7
  CPUExchanged-7-7

5.図-8に示したタッチバッドのケーブルとスピーカーのコネクタを抜く。タッチパッドのケーブルも、ストッパーを矢印の
方向に引くとコネクタから抜くことができる。

  図-8
  CPUExchanged-8-8

6.図-9に示した5箇所のネジを外し、表側の筐体を取り外す。ヒンジ付近から筐体を持ち上げて、固定されている
ツメを一つ一つ丁寧に剥がしていく。

  図-9
  CPUExchanged-9-9

7.さらに、図-10に示した基板の2箇所(赤丸)のネジを外し、7箇所のコネクタを抜く。無線LANのアンテナ(白と黒の
ケーブル)のコネクタは上に引き抜くようになっている。

  図-10
  CPUExchanged-10-10

8.DVDドライブを図-11の矢印の方向に引き出す。

  図-11
  CPUExchanged-11-11

9.これでようやく基板の取り外しを妨げるものはすべて取り払われたことになる。図-12に示した部分を破損しないよう
に注意しながら、ゆっくりと丁寧に基板を取り出す。

  図-12
  CPUExchanged-12-12

10.取り出した基板をひっくり返して、図-13に示したファン・コネクタと4箇所のネジを外し、基板からCPUファンとヒート
シンクを取り外す。

  図-13
  CPUExchanged-13-13
  
11.mPGA478MN SOCKETのネジを緩め、Celeron 900を取り出して(図-14)、T8300に交換し、ソケットのネジを
締める(図-15)。そして、ヒートシンクの古いグリスを拭き取り、新たにT8300側にグリスを塗って、再びCPUファンとヒートシンクを取り付け、上記の手順を遡って元に戻していく。
 なお、CPUファンやヒートシンクには埃が溜まっていることがあり、これが排熱を妨げ、熱に弱い部品の劣化・損傷を招くことになるので、丁寧に掃除をして元に戻しておく。

  図-14
  CPUExchanged-14-14

  図-15
  CPUExchanged-15-15

三、CPU-Zとエクスペリエンス インデックスのスコア
 元に戻したところで、電源を入れてみる。めでたくT8300は新たなCPUとして認識され、再起動が促された。再起動後、エクスペリエンス インデックスを表示してみる。スコアを最新の情報に更新するよう促されている。再評価を実行すると、プロセッサのスコアは4.3から5.3に著しく上がった(図-16)。換装のし甲斐があったというものである。
 このdynabook EX/33JのCPUは、Intel Core 2 DuoのT7000番台、T8000番台、T9000番台であれば、載せ換え可能であろう。

  図-16
  CPUExchanged-Experience

 ところで、CPU-Zを見ると、不思議なことに、チップセットはGM45と表示されている(図-17)。前述したようにGL40の筈だから、T8300に載せ換えたため読み取りに誤りが生じているのであろうか。だとしても、T8300は有効に機能しているようなので、さしたる不都合はなかろう。

  図-17
  CPUExchanged-CPU-Z

 PassMarkのウェヴサイトの"CPU Benchmarks"というページ(http://www.cpubenchmark.net/cpu_list.php)を見ると、T8300はCeleron 900の2倍以上の処理能力があるようなので、その点において、この改造EX/33Jが息子に不満を抱かせることは、彼の限られた用途からすれば、当分ないであろう。

 液晶が壊れていたとはいえ、このdynabookを無償で譲ってくれた友人に感謝である。


【追記】:
 ところで、偶然にも故障したからと、同じくdynabook TX/64Hを知人から譲ってもらった。そのCPUがIntel Core
2 Duo P8400であったので、これを試しにこの機に載せてみた。
 P8400の仕様は、Socket:PGA 478、FSB:1066MHz、TDP:25Wであり、対応するチップセットはGM45とされている。果たして、P8400はEX/33Jで機能しうるのか。結果は、御覧のように何ら問題なく、P8400も認識され、機能しているようである。

図-18
CPU-Z_P8400

図-19
Experience_P8400

 T8300に比べ、P8400のエクスペリエンスのスコアは0.1低く、「5.2」であるが、実用上差異はないに等しい。
 EX/33Jにおいては、上述のTシリーズのみならず、少なくともP8000シリーズも使用可能であるということができよう。

 【追記: コメント頂いた方々の情報によると、P8600は使用可能という人もいれば、P8400・P8700は使用不可能という人もいる。換装できなかった事例では、BIOSそのものが起動しないとのことである。TシリーズとPシリーズの違いは、Intelのサイトを見る限り、FSBが800MHzか1066MHzの違いくらいである。とすれば、製造時期等によって仕様が異なる基板が存在し、ある仕様の基板がFSB 1066MHzのCPUを認識しないということなのであろうか。原因は定かではないが、ともかくEX/33JのCPUの交換について、Tシリーズへの換装は問題ないようであるが、Pシリーズへの換装は不可能な場合があるということを銘記しておいて下さい。>(2016.6.26)】

 【追記: 同じプロセッサー・ナンバーでありながら、交換に成功する場合としない場合があるのは、ステッピングの違いによるのではないかと考えられる。

 コメントを頂いた方々の情報をまとめると、T7100、T8100、T8300は交換に成功しており、P8400、P8600は成功する場合と失敗する場合があり、P8700は失敗している。各PGA478のステッピングを見ると、T7100、T8100、T8300がM0であり、P8400、P8600がM0とR0、P8700がR0となっている。

 とすれば、ステッピングM0のCPUでは交換に成功するが、R0のCPUでは交換に失敗するといえるのではないだろうか。つまり、当機のBIOSがステッピングR0には対応していないと考えられるのではないか、ということである。

 交換用CPUの選定にあたっては、ステッピングにも注意を払うべきであり、従って、sSpec Number(スペックコード)を確認する必要がある場合もある。(2016.11.28)】

 因みに、メモリのスコアも「5.9」と上がっているが、T8300に戻してもそのスコアは変わらない。そもそも、T8300に換装した直後のエクスペリエンスでは、メモリのスコアは「5.9」であったのであって、その後なぜか「5.2」と下がっていたのである。何度もメモリの着脱を繰り返していたためであろうか。メモリのスコアが低下した原因、再び元に戻った原因は、ともに不明である。(2014.6.1)

tag : dynabook EX/33 T8300 P8400

プロフィール

そんぷうし ふうえん

Author:そんぷうし ふうえん

忙中閑は、こっそりと見出す。
カミさんと子どもたちが寝静まるのを待って、夜な夜なPCの前に端座し、その不可思議なる箱の内奥にそっと手を入れては、悦に入る日々なのであります。
時としてその手はPC以外の内奥にも。


※ リンク貼付及び引用は自由ですが、引用する場合は該当ページのURL及びタイトルを明記して下さい。

Automatic Translation
If you click a language below on any page, the translator is supposed to display the latest page at first. So you need to jump back to the previous page you were about to read.
Please note that there are some translations that are non-grammatical and do not accurately reflect the meaning of the originals because of machine translation.
 【Translated by Google Translate】
全記事一覧表示

   全ての記事のタイトルを表示する

最新記事
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
累計閲覧回数
  
QRコード
QR