XPからようやくWindows 7 x64へ

一、
 WindowsXPを使い続けて10年になんなんとする。
手に馴染み、体に染みついたものは、なかなか替えられない。だが、2014年にはサポートは打ち切られるという。

 まだ3年、と考えるのか、もう3年、と捉えるのか。

 まだ3年もある。当分はXPに頑張ってもらわねば、と思っていた。
 使い慣れているというだけではない。
 誰もがするように、使い勝手をよくするために、有償、無償を問わず、種々のソフトを入れ、設定を弄り、手を入れてきた。

 確かに、XPそのものの機能に不満がないわけはない。

 例えば、ファイルのコピー、移動時に現われる「ファイルの上書きの確認」では、「はい」、「すべて上書き」、「いいえ」、「キャンセル」しか選択できず、なぜ「すべて上書きしない」のボタンがないのか、当初は不満であり、不思議でもあった。
 しかし、今は、「Fire File Copy」という優れたソフトのおかけで、大量のファイルのコピー・移動に何の不満もない。

 こうしてその不備を補い、手塩にかけて育ててきたXPには、さして問題はないのである。

二、
 ただ、Intel Core 2 Duo E8600(3.33GHz)で組んだかつての高速処理マシンも、今となっては、とても高速とはいえないのが、いささか哀しい。もちろん、記憶域には、SSD(2台でRAID 0)を組み入れたりしてはいるが、最新のCPUのデータを見るにつけ、E8600の古さはいやが上にも感じざるを得ない。日頃PCを扱っていて、その処理の遅さにさほど不満を感じていなかったのであるから、見なければよいのである。が、自ずと目が行ってしまう。

 昨年の暮れ、娘が欲しいと言っていたWalkmanを価格コムで調べていたとき、ついCPUのカテゴリを覗いてしまった。
 これが、いけなかった。

 ふむふむ、Core i7 950 BOX、23,762円なりか。価格改定があったのは知っていたが、こりゃーかなりお安いのではないか。
 Sandy Bridgeが、年明けには発売されるのだから、それを待てばよかったのだが。気が付けば、Amazonの買い物カゴに入っていた。

 来年に出る予定のIvy Bridgeは凄いとの噂であり、再来年のHaswellもある。
 そちらを狙うのであれば、それまでは950で暮らすのもよいのでは、との思いもあった。

 その後、いろいろと忙しく、箱に入れたまま1か月ほどほったらかしにしていた。

三、
 少し時間ができたので、この950とマザー、GA-X58A-UD3Rとを数か月前に手に入れていたCoolerMasterのCenturion 5 Ⅱに入れて、1台新たに組むことにした。

 さて、OSである。XPにするか。
 オークションなどを見て回ったが、DSP版でも新品未開封だと、Professionalで2~3万円もするのである。
これなら、DSP版の7 Professionalの方が安い。いずれは新OSに乗換えなければならないのであるから、今からぼちぼちと乗換えの準備をしておこうか。
 そう思い直して、Windows 7 Professional 64bitを入れてみることにした。

 現在、XPの愛機でできることが、Win7の新PCで全てできるようになるには、少しばかり時間を要するであろう。しばらくは、サブ機として実績を重ねてもらうしかない。

 Windows XPには、やはり当分は、一線で活躍して頂かなければならないのであります。

tag : XP Windows7 64bit Core Duo E8600 i7 950 GA-X58A-UD3R

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re: 実に おかしい。

クロちゃん、コメントありがとうです。
たまにしか書き込まないけど、また、立ち寄って下さい。

Re: モバイル

けんけんさん、コメントありがとうです。
愛Podに iq wimaxですか。最先端のかおりが…。私は、いまだそこまでは。

実に おかしい。

>ついCPUのカテゴリを覗いてしまった。 ............. これが、いけなかった。

パソコン自作仲間としては、実によく理解出来るので、とても おかしい。

モバイル

リンクありがとうです~o(^▽^)o
愛Pod タッチ君 プラス iq wimax より書き込み中。
プロフィール

そんぷうし ふうえん

Author:そんぷうし ふうえん

忙中閑は、こっそりと見出す。
カミさんと子どもたちが寝静まるのを待って、夜な夜なPCの前に端座し、その不可思議なる箱の内奥にそっと手を入れては、悦に入る日々なのであります。
或るときは、ふらふらと知恵袋の回答者となって徘徊。
時としてその手はPC以外の内奥にも。


※ リンク貼付及び引用は自由ですが、引用する場合は該当ページのURL及びタイトルを明記して下さい。

Automatic Translation
If you click a language below on any page, the translator is supposed to display the latest page at first. So you need to jump back to the previous page you were about to read.
Please note that there are some translations that are non-grammatical and do not accurately reflect the meaning of the originals because of machine translation.
 【Translated by Google Translate】
全記事一覧表示

   全ての記事のタイトルを表示する

最新記事
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
累計閲覧回数
  
QRコード
QR