Win7でDMAを有効にする

 いわゆるPIO病は、Windows XPやWindows Server 2003等に起こる現象であり、VISTAやWindows 7では起こらないものと思っていた(PIO病については、こちらの記事「PIO病に悩まされて」を御覧下さい。)。Microsoftのこれに関するKnowledge Baseにも、VISTAやWin 7の名は挙がっていない。この問題はずいぶん前から知られていたのであるから、少なくともWin 7で手当てされていないことはないと思われる。

【追記】:UltraDMA CRCエラーについては、こちらの記事「UltraDMA CRCエラーとマザーボード交換」も御覧下さい。

 しかし、近頃ウェブでWin 7がPIO病にかかったという書き込みを目にすることがある。おそらくXP等で見られるいわゆるPIO病とは異なるものであろうが、DMA modeになっていないのは事実のようである。

 これに関してはMicrosoftのサイトに「直接メモリ アクセス (DMA) のオンとオフを切り替える」という文書があった。それはWin 7についてのものであるが、VISTAについても同様の記述がある。そこには「直接メモリ アクセス (DMA) は、DMA をサポートするハード ディスクや CD または DVD ドライブなどのデバイスに対しては、通常は既定でオンになっています。しかし、デバイスが不適切に取り付けられたり、システム エラーが発生した場合は、手動で DMA をオンにする必要がある場合があ」るとして、その手順が示されている。

1.「デバイス マネージャー」を開くには、「スタート」ボタン、「コントロール パネル」、「システムとセキュリティ」の順に
 クリックし、「システム」の下の「デバイス マネージャー」をクリックする。管理者のパスワードまたは確認を求められ
 た場合は、パスワードを入力するか、確認情報を提供する。

2.「IDE ATA/ATAPI コントローラー」をダブルクリックする。

3.「IDE ATA/ATAPI コントローラー」の下にある項目のうち、ラベルに「Channel」という文字が含まれる各項目を
 右クリックし、「プロパティ」をクリックする。

4.「詳細設定」タブをクリック(通常は、接続されたデバイスに応じて「Ultra DMA モード 5」などと表示されるはず)。
 「デバイスのプロパティ」で、「DMA を有効にする」チェック ボックスをオンまたはオフにし、「OK」をクリックする
 (念のため再起動)。

 以上で、オフになっていた「DMA を有効にする」のチェック ボックスをオンにすれば、動作の鈍くなっていたデバイスは元の高速の状態に戻るはずである。

 ただ、私自身のWin 7機は、DMAが無効になるという症状に見舞われたことがないので、あくまでMicrosoftのサイトに掲載された対処法を、参考までに紹介するだけである。

tag : PIO Ultra DMA

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

そんぷうし ふうえん

Author:そんぷうし ふうえん

忙中閑は、こっそりと見出す。
カミさんと子どもたちが寝静まるのを待って、夜な夜なPCの前に端座し、その不可思議なる箱の内奥にそっと手を入れては、悦に入る日々なのであります。
時としてその手はPC以外の内奥にも。


※ リンク貼付及び引用は自由ですが、引用する場合は該当ページのURL及びタイトルを明記して下さい。

Automatic Translation
If you click a language below on any page, the translator is supposed to display the latest page at first. So you need to jump back to the previous page you were about to read.
Please note that there are some translations that are non-grammatical and do not accurately reflect the meaning of the originals because of machine translation.
 【Translated by Google Translate】
全記事一覧表示

   全ての記事のタイトルを表示する

最新記事
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
累計閲覧回数
  
QRコード
QR