エラー:「このコマンドを処理するのに必要な記憶域をサーバーで確保できません」

一、
 ある日、ネットワーク上の他のPCの共有フォルダにアクセスしようとすると、
「このネットワークリソースを使用するアクセス許可がない可能性があります。
アクセス許可があるかどうかこのサーバーの管理者に問い合わせてください。
このコマンドを処理するのに必要な記憶域をサーバーで確保できません。」
とのエラーが出た。

 気のせいか、エラーは忙しい時を狙ったかのように不意を突く。
 心当たりはない。

 「このコマンドを処理するのに必要な記憶域をサーバーで確保できません」というエラー・メッセージを検索にかけてみると、多くの人がこのエラーに遭遇しているようだ。

二、
 この問題は、「IRPStackSize」というパラメータの値を大きくすることで、回避できるものらしい。

 「IRP」とは、Input/Output request packet(入出力要求パケット)の略で、Windows Driver Model (WDM) やWindows NTのディバイス・ドライバで、相互にあるいはOSと通信するために、用いられるカーネル・モードの構造体であるという。「IRP Stack Size」とは、Windows XPやWindows Server 2003等のOSで使用されるIRPのstack locationの数を指定するパラメータであるという。

 IRPStackSizeの値を大きくする手順は、マイクロソフト サポート オンライン(「ウイルス対策ソフトウェアが原因でイベント ID 2011 が発生することがある」)に以下のように記されている。

 「1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  2. regedit と入力し、[OK] をクリックします。
  3. 次のキーに移動します。
   HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\LanmanServer\Parameters
  4. 右側のウィンドウで、レジストリ値の [IRPStackSize] をダブルクリックします。

   注 : 値 IRPStackSize がない場合は、次の手順を実行して作成します。
    1. レジストリの [Parameters] キーをクリックし、右側のウィンドウを右クリックします。
    2. [新規] をポイントし、[DWORD 値] をクリックします。
    3. IRPStackSize と入力します。

   重要 : 値の名前では大文字と小文字が区別されるため、"IRPStackSize" は記載どおりに正確に入力する必要
      があります。

  5. [IRPStackSize] を右クリックし、[変更] または [編集] をクリックし、ベースを 10 進数に変更します。
  6. [値のデータ] ボックスに、表示されている値よりも大きな値を入力します。

   IRPStackSize エントリが存在しない場合、デフォルトで値は 15 に設定されます。手順 4. に記載された手順を
   使用して、値 IRPStackSize を作成した場合は、15 よりも大きな値を入力します。値は、3 ずつ増やすことをお
   勧めします。つまり、前の値が 11 の場合は、14 と入力し、[OK] をクリックします。
  7. レジストリ エディタを終了します。
  8. コンピュータを再起動します。

 上記の手順を実行しても、問題が依然として発生する場合は、IRPStackSize の値をさらに大きくします。この値の Windows 2000 での最大値は、50 (16 進数では 0x32) です。」

 Windows XP、Microsoft Windows Server 2003でも、IRPStackSize のデフォルト値は 15 で、範囲は 11 ~ 50 だとされている。

 私のPCの場合は、「21」でアクセスが可能となった。

三、
 ただ、気になったのは、なぜIRPStackSizeの値を「3」ずつ増やすことが推奨されているのか、である。これについては、時間もなく、調べきれなかった。

 何よりも原因がよくわからないままである。「ウイルス対策ソフトが原因で」起こるとされており、このエラーが発生したPCではMcAfeeを使っているが、McAfee KnowledgeBaseでこの問題が指摘されている製品とは異なるようである。

 しかし、まあ、問題は解決したのでよしとしましょう。

※上記以外に関連する主なウェブ・ページ
「LANMAN サーバーでの IRP スタック サイズの変更」
「Windows 2000、Windows XP、および Windows Server 2003 の IRPStackSize パラメーターについて」
「[エラー メッセージ] Not Enough Server Storage is Available...」
IRPに関する詳細について
「IRPの処理:すべてのドライバ作成者が知る必要のある事項」

tag : IRP IRPStackSize stack location

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

どういたしまして

> 大変助かりました。

ネットワークが復旧したようで、何よりです。

わざわざコメントを残していただき、こちらこそ嬉しい限りです。

No title

大変助かりました。
もうお手上げ状態だったのでこの方法を試し、うまくいったときは思わず万歳をしてしまいました。
ありがとうございます!
プロフィール

そんぷうし ふうえん

Author:そんぷうし ふうえん

忙中閑は、こっそりと見出す。
カミさんと子どもたちが寝静まるのを待って、夜な夜なPCの前に端座し、その不可思議なる箱の内奥にそっと手を入れては、悦に入る日々なのであります。
或るときは、ふらふらと知恵袋の回答者となって徘徊。
時としてその手はPC以外の内奥にも。


※ リンク貼付及び引用は自由ですが、引用する場合は該当ページのURL及びタイトルを明記して下さい。

Automatic Translation
If you click a language below on any page, the translator is supposed to display the latest page at first. So you need to jump back to the previous page you were about to read.
Please note that there are some translations that are non-grammatical and do not accurately reflect the meaning of the originals because of machine translation.
 【Translated by Google Translate】
全記事一覧表示

   全ての記事のタイトルを表示する

最新記事
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
累計閲覧回数
  
QRコード
QR